能力と知識の重要性 社会で生き抜くためには工夫が必要

女性上司と男性部下

女性であっても、出世を考えて行かなければいけない時代です。女性の社会進出がますます進んでいる昨今ですが、まだまだ企業などの一般社会というのは、男性の声が企業内部の趨勢を決定づけてしまうものがあります。女性よりも男性の方が出世や栄転をする人が多く、女性はなかなか男性と同列に扱われることが難しいという世の中です。これは、女性の社会進出がまだまだ進み切っていないということでもありますが、一方で女性が社内政治をうまくつかめていないということでもあるかもしれません。
たとえば、女性の上司のもとで働くことを嫌がる男性がいたりします。男性という生き物は無駄にプライドの高い存在なので、女性より下に格付けされるのを許せないと考える男性も少なくありません。もちろん、これは男性側に非があることであって、その女性上司には何も落ち度もないのです。しかし、一般企業において男性の数が未だ優勢という状況では、やはり社内政治も男性によって牛耳られてしまいがちになってしまいます。女性上司のもとで働くことを嫌がる男性社員が多ければ、そのチームの成績やパフォーマンスなども落ちてしまうでしょう。また、悪くすれば要職から失脚させられてしまうこともあるかもしれません。
女性だからこそ、そして一般にそんな風に考える男性社員も多くいるからこそ、部下の男性に対するケアを怠ってはいけないのです。それが女性上司にとっての社内政治のうまい持っていき方であり、仕事を滞りなく行うための方法論といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です